cpboyの偉大な日々

擦れと真心

日記1862

今日は午前中に修論の見直しを少しした後、いつぞやの作って理解するOSを読み返していた 二回目は滅茶苦茶スラスラ読めるもんだなぁ それでいて学ぶこともより多い やはり本は二回読むべきか

しかしまあ 機械語ってのはメモリ上ではとにかく一次元の動きをするみたいだな ようやく分かってきたわ

 

最近読んだ漫画や、プレイしたエロゲ、妙に宮沢賢治の何かに触れるんだがなんなん? 雪女と蟹を食うとか、素晴らしき日々とか これらは銀河鉄道の夜だったけど、さくレットでも何か出てたよな 物書きは宮沢賢治読むん? 基礎教養的な?

 

2021/01/23(土)の日記