cpboyの偉大な日々

擦れと真心

日記872

シュガーコートフリークスはマリールートの賢竜大祭が終わるまで進んだ

メインヒロインはジルだったかと錯覚しそうなくらいジルが頑張ってたな ライカに対して王家の誇りで啖呵を切ったのは心が震えるシーン 序盤からずっと実力とプライドの差に苦しんでいただけにジルの覚悟には重みがあった ジルとライカのアナロジーとか上手く設計されてるゲームだなと感じる

それにしてもこれ各ヒロイン別の賢竜大祭を描くのかなあ だとしたらボリューム流石に大きすぎるか? でもそうだといいなあ

他のリトルウィッチのゲームもやりたいしホントにこのペースだとやりたいゲームが一生かかっても終わらなそうだ

 

去年のこの時期は多分ダ・カーポ2始めてたか それか花ヘプやってたか 時間が経つのはほんとに早いな

 

結局連休はずっと同じ日々だったな 勉強とエロゲだ 連休じゃなくてもそうか